ロゴ

Effective Choice

光回線と地デジアンテナは違う!自宅に合うアンテナを選ぼう

テレビを見るために必要なアンテナの種類

アンテナは電機メーカーなどから様々な大きさが発売されています。種類は、八木式かデザインアンテナに分かれます。八木式は昔からあるタイプのアンテナで、住宅の屋根につけられていました。形は細長い鉄の棒を組み合わせており、魚の骨をイメージさせます。地デジ放送を受信する場合にはさらに地デジアンテナが必要です。

アンテナと光回線の違い

アンテナを選択したら得られるメリットについて

アンテナを選択するメリットは費用が安価で済むことです。八木式なら数千円で購入できます。また、デザインアンテナの場合でも一万円ぐらいで売られています。さらに、八木式は屋根の上に設置するため、電波を安定して受信することができます。

光回線を選択した場合にはどのようなメリットがあるか

光回線は電柱から住居へ光ファイバーケーブルを引き込んで利用する方法です。そのため、アンテナは不要となり、住居の外観を損ねることもありません。また、名前にもあるように光のスピードでデータを大量に送ることができます。安定してテレビも映像を受信することができるというわけです。

より安価な地デジアンテナは選ばれやすい!

アンテナ

電話でアンテナ工事業者に伝えるべき事

では、実際にアンテナの工事を行う時にはどのような注意が必要なのでしょうか。まず、アンテナは屋根の上に登って設置するためアンテナ工事業者に依頼することになります。よほど日曜大工が得意な場合は自身で設置する方もいますが、電波の受信は難しい作業であるため、業者を利用するケースが一般的です。その際に、アンテナ工事業者に伝えておいた方が良いことがあります。それは、アンテナの種類をどちらにするかということです。

業者が現地調査をする時にチェックする場所

テレビは大量に映像を受信して見る家電機器です。ですから、どれだけ安定して映像を受信することができるかが大切です。そのため、アンテナ工事業者は、まず設置する場所に電波が届くかどうかを確認します。例えば、それは屋根の場所であったり、玄関口などです。デザインアンテナの場合には、壁に穴をあけて設置するため、そのような作業が可能かどうかを確認します。無理に穴をあけてしまうと、雨が入ってくる原因になるからです。

現地調査を依頼するのが大切

前述のように、テレビを見るためには安定して映像を受信することが重要なポイントです。アンテナを設置したい場所が、放送データを受信できる適切な場所かどうかしっかりとした判断が必要になります。ですから、設置をする前に現地調査を依頼することが大切です。現地調査をすると、電波がどのぐらい受けとることができるのか、知ることができます。設置をしてから電波が届かない場合には、アンテナ工事をやり直すことも考えられます。

広告募集中