地デジアンテナの工事選定には口コミを利用すると便利
ロゴ

Effective Choice

口コミをチェックして地デジアンテナ選びに役立てよう!

業者を利用した人の口コミをチェックする理由

アンテナ工事を依頼する時にどの工事業者を選択すると良いのでしょうか。一番、便利な方法はインターネットで調べることです。最近では、インターネットサイトの情報はとても充実しています。中でも口コミといって実際に利用した人の感想を確認することもできます。

地デジアンテナ工事専門業者を選ぶポイント

見積もりを事前に出してくれるかどうか

アンテナ工事は、始まる前に見積もりの金額を提示してくれる業者を探すことが大切です。もちろん、どの工事を依頼する時も考えられることです。業者といえどもいろいろな担当者がいます。追加の料金がかかるかどうかも合わせて確認しておく必要があります。

アンテナを選ぶことができる

業者によっては、アンテナを選択させてくれるところもあります。アンテナは屋根に設置するタイプやデザインアンテナのように外壁に取り付けるものもあります。地デジ放送を見たい場合には地デジアンテナが必要です。住まいの形状によってどちらが適切か相談にのってくれる業者を選択すると良いでしょう。

自社で工事を行ってくれる

アンテナ工事の業者は個人や大手まで様々です。できれば、最初に話し合いをする担当者と同じ会社で工事を行ってくれる業者を選択しましょう。業者によっては、熱心に相談に乗ってもらえるものの、当日の工事は別の会社というケースも少なくありません。

アフターメンテナンスに対応してくれる

テレビ電波は上手く受信できるかどうか、確実ではありません。いざ設置したものの、テレビを見ているとブチブチ途切れてしまうこともあるでしょう。そのような時にメンテナンスに来てくれるのが設置を依頼した業者だと、詳しいことがわかっているのでスムーズです。

地デジアンテナの工事選定には口コミを利用すると便利

作業員

アンテナ工事に掛かる時間

アンテナ工事は2~3時間で終了するため、一日で終わることができます。工事の種類ではリフォームよりも簡単ですが、アンテナを設置するために屋根へ上がるなど特殊な作業が必要です。また、外壁に取り付ける場合には工具を使って壁に穴をあける作業が必要です。そのため、機器の設置だけですが、時間がかかる場合もあります。もちろん、工事の間は住居で作業を行うので、できるだけ立ち合いが必要です。時間に余裕を持って依頼しましょう。

追加料金を取られない為の方法

工事には追加料金がかかってくることがあります。もちろん、事前に確認することができますが、やむを得ず支払うことも考えられます。できるだけ追加料金を取られないためにおさえておきたいのが、平日の予約を選択することです。共働き世帯が増えていることもあり、平日の日中は忙しい人もたくさんいます。しかし、業者も休日を返上して作業を行うため、いくらか追加料金が発生する場合があります。できるだけ、料金が安くすむように工夫することが大切です。

アンテナ工事の日程を決めるコツ

次にアンテナ工事の日程を決める際のコツですが、できるだけ、雨の少ない時期を選択することが大切です。特に外壁に設置する場合には雨が入ってくることも考えられるので、家を汚さないためにも晴れる日が多い時期を選択しましょう。また、直前に予約するよりも、日程にゆとりを持って決めることが大切です。場合によっては、時間が長くなることもありますので、融通の利く日に工事の準備をするとスムーズに終えることができます。

アンテナ工事をする場合に使われる専門用語の意味

アンテナ工事をする場合、専門用語が出てくる場合もあるでしょう。もっともよく業者が気にかける、使用する言葉は電波状況です。アンテナは電波をどれだけキャッチできるかがポイントです。そのため、電波装置と呼ばれる専用の道具を使って設置する場所にどれだけ電波が届いているかを測ります。数値は周波数で計測されます。最近では地デジ放送が主体のため、わずかな電波でもきれいな画像が配信されています。ちなみにこちらはUHF帯域と呼ばれています。

電波受信障害を引き起こす原因ランキング

no.1

家の周辺で工事を行っている

テレビはアンテナが放送を正確に受信して初めて楽しむことができます。何かを接続されているわけではないので、不安定なこともあります。きれいに映らない原因は家の周りの工事が考えられます。工事によって電波がさえぎられてしまうことがあるからです。

no.2

電波が混在してしまう

現在ではブルートゥースやWi-Fiのように無線接続が主流になっています。しかし、無線接続がさかんになると電波受信障害を引き起こすこともあります。最も多い原因は、メインではない電波を拾ってしまうなど放送局が混在しておこる電波受信障害です。

no.3

アンテナの向きが変わってしまった

アンテナは屋根に設置することが一般的なため、天気など外部の環境に左右されることがあります。強風の日の後には受信する放送局と違う方向に向きが変わってしまうことがあります。その場合は、アフターメンテナンスを使って、元の方向にもどしてもらいましょう。

no.4

取り巻く環境が変わってしまった

アンテナを屋根に設置しておくとやはり外部の野生動物の影響を受けることになります。鳥が最も影響を与えやすいと考えられていますが、猫なども屋根にのぼることがあるため、注意が必要です。また、鳥はアンテナを利用して巣を作ることがあります。

no.5

アマチュア無線を始めた

アマチュア無線は個人の趣向で行うと考えられていますが、周囲に住む人にも影響を与えます。もちろん、自宅で行っている人は少なからず電波受信障害を受けますが、周囲にもテレビが映りにくくなるといった電波受信障害を引き起こします。

広告募集中